お薬手帳って知ってますか?

  「お薬手帳」とは,患者さんが処方された薬の名前・飲む量・回数などの薬歴が記載された手帳のことです。
患者さんの中で,服用している薬を医師から訊かれても薬剤名を知らなかったりして,服用していないと答えたことのある方はいませんか?

  そのために他でもらっていた薬と同じものをもらってしまったということはないでしょうか?
この手帳は,患者さんが医療機関や他の薬局に提示することによって,そのような重複投与や飲み合わせによる事故を防ぐものです。

また,このことによって医療従事者間(医師・歯科医師・薬剤師)との薬歴管理の情報共有化がはかられ,安心して効果の上がるような飲み方を医療関係者や薬局などでフォローできることになります。

患者さんひとりひとりが一冊のお薬手帳を持ち,必ず病院・薬局で提示して記入してもらうようになれば,安全に飲んでいただけることと思います。

しかし,プライバシーの問題がありますので,患者さん本人の同意が必要です。
お薬手帳を上手に活用して「自分のからだは自分で守る」という基本のもとに快適な生活を送られることを,おいのり致しております。
なお,詳細についてはお近くの薬局又はかかりつけ薬局にお問い合わせください。


いわき市連携シート(おくすり手帳版)と「おくすり手帳」活用促進情報は、会員用ページへ移動しました

Copyright(c)2000-2012 Iwaki Pharmaceutical Association