出演者 青木裕代 1997.8.29

健康は,私達の願い,そしてかけがえのない宝物です。この時間では皆さんとともに,健やかな心とからだを大きく育んでまいりたいと願っています。

---いわき医療最前線---

健康で心地よい毎日の為に是非お役立て下さい。

心とからだのクリニック。今日は,いわき市薬剤師会理事の青木裕代先生にお話をうかがいます。聞き手はディレクターの曽我泉美です。

今日は,薬の飲み方・使い方という事で青木先生にお話をうかがって参りたいと思います。ところで先生,薬ふつう何で飲むかという事でちょっと戸惑いがあると思うのですが,一般的にはどんな物で飲んだらいいでしょうか?

そうですね,普通は水かぬるま湯で飲むのが原則でしょうね。
例えば薬を水以外の,お茶とかそういった物で飲んでもよろしいんですか?
お茶で飲んでも大抵の場合は構わないのですが,貧血の人が飲む鉄剤などをお茶で飲むと,お茶に含まれているタンニン酸と鉄が水に溶けにくい物質を形づくって,鉄の吸収が妨げられて効果が薄れてしまう事があります。ただ,最近鉄剤に対するお茶の影響はさほどないという報告もされているようです。ですから特別に濃いお茶と一緒に飲むような極端な事をしなければそれほど心配しなくてもいいと思います。
あのこれ,お茶の種類とかそういったものもありますか?ここで言っているのは,例えば緑茶ですとか。
そうですね,あとコーヒーとか紅茶なんかもありますね。
コーヒーでお薬飲む方はちょっと少ないかもしれないですよね。例えばその他にお薬をこれでは飲んではいけないとかそういったのありますか?
抗生物質のなかには牛乳と飲むと吸収が低下するもの,それから降圧剤のなかにはグレープフルーツジュースと飲むと作用が強くでるもの,またアルコールと一緒に飲む方はいないと思うのですが,糖尿病薬とか,睡眠薬,精神安定剤などを飲んだあとにアルコールを飲むというのは注意した方がいいですね。
なるほど,こういったお薬を飲んだあとに車の運転をするのも危なそうですね。
そうですね,こういうの飲んだあとは車の運転はしない方が,いいでしょうね。
それから,お子さんに対しての注意なんてのはありますか。

 

子供さんに粉薬を飲むとき水は別として,ジュース,ミルクに溶かす場合も薬によっては影響がありますので,その点は注意して頂きたいと思います。それと,溶かして飲ませる場合なんですが飲み物を残しますと,薬も一緒に飲み残す事になりますので少しの量に溶かして飲ませるようにして下さい。
これは,粉薬の場合という事ですか?
そうですね。粉薬とか,あとドライシロップとかいった水に溶けやすいものはそういったのも含めてですね。
はい。例えばですね,自信のある人は,薬を水なしで飲んでもよろしいでしょうか?
いや〜,やっぱり水を飲んでいただいたほうがいいと思います。よくね「水なしで飲めるから大丈夫」とか自慢する人がいるんですが,薬を水と飲むのは,薬を飲み込むためだけでなく,薬を早く体の中で溶かして効果を表す役割もあるんです。ですから水なしで飲んだり,水の量が少なかったりするとその他に薬が食道につかえてしまって,溶けだした薬で食道の粘膜を傷めることがありますね。
はい。またですね,その他にいろんな飲み方のお薬があると思うんですが,どうでしょう。
そうですね,水なし飲める薬としましては,舌の下または頬と歯ぐきの間に含んで,口に中の粘膜から薬を徐々に吸収させる舌下錠とか,最近市販の薬でもチュアブル錠といってかみ砕いて水なしで飲めるお薬もあります。外用薬なんですが飴のようになめて口腔粘膜の炎症とか感染の治療に用いるトローチ剤,最近出ました薬で口の中に含むだけで自分の唾液によって速やかに溶けてしまって,容易に飲みこむことができる口腔内崩壊錠なんてのも最近は出来てきてますね。ですが薬はコップ一杯の水かぬるま湯で飲むようにして頂きたいと思います。
はい,分かりました。それからですね,薬を水で飲みこむのではなくて,かみ砕いて飲んでしまってもよろしいんでしょうか?
かみ砕いて服用するチュアブル錠とかカプセル剤の中にはかみ砕いた後,口の中においとくか飲み込むかして速効性をだす場合があるんです。そのような場合は別として,薬はかみ砕いたり,カプセルをはずしたりしないでそのまま飲むようにしたほうがいいと思います。
例えばこういうのどうでしょう。カプセルだと異物感が結構ありますよね。ですからそれをカプセルから出してオブラートに包んで飲むというのは,これは大丈夫ですか?
そうですね,なるべくでしたらカプセルは外さないで飲んだほうがよろしいかと思います。
これはきっと効く場所によって,溶ける時間とかを計算しあいるという場合もあるんでしょうか?
そういう場合もありますね。胃の粘膜を刺激してしまう薬とか,腸で溶けるように工夫されているものもありますし,そういうのをこう外しちゃったりしますと,せっかくそういうふうに工夫した意味がなくなってしまいますね。それから薬によっては,かみ砕いて飲むと口の中が麻痺してしびれたりとか,あとは苦味や強いにおいなどがするような場合がありますので,なるべくならかみ砕いたりとかカプセルを外さないで飲んだほうがいいでしょうね。
まず,薬を美味しいと思ってよくかみしめて食べる人はいないとは思いますけれどもね,いろんな注意があってカプセルにしていたりとか,錠剤になっていたりとかすると思いますので,そのへんの注意はやはり薬局の方に聞いてみるというのが得策かと思います。

それではここで曲をはさみまして,後半もまた先生にお話をうかがいたいと思います。

♪♪〜〜♪♪

今日の心と体のクリニックでは,いわき市薬剤師会理事青木裕代先生にお話をうかがっています。先生先程から,薬の飲み方・使い方というのを教えて頂いていますが,よく処方箋て頂いた時に食前に1回とか1錠とかそういった注意書きが書いてあると思うんですが,こういった薬それぞれによって飲む時間というのは違うんでしょうか?

そうですね,薬によっては飲む時間が違う場合もありますね。それによって効果とか出やすいとか吸収されやすいとかいう場合もあります。薬を飲む時間として,食前・食後・食間と1日の食事に関連付けて飲むようにしていると,お薬の飲み忘れを防ぐ効果もあります。ですが1日3回食後に服用するようにとなっているような薬を,食事を1日2回しかしなかったからといって,薬の服用を1日2回という事はやめて下さい。ちゃんとそういう場合でも1日3回飲むようにして下さい。しかし,糖尿病の薬のように食事そのものが薬の作用に影響する事もあります。このような場合には必ず食事をとるようにして下さい。
はい。それではですね,この食前とは,食前に1回という時の食前とはどの時間をさすのでしょうか?
そうですね,食前とは食事の30分か1時間位前に服用して下さい。それと糖尿病の薬のなかには,食事との関連から食事のすぐ前の食直前服用というのもあります。
はい。それでは食後とは?
食後とは,食事のした後30分ないし30分以内くらいですね。胃を荒らす強い薬などは,食直後に飲んで下さい。
それから,ちょっと戸惑うのは,食間ていうのありますよね。これは,いつ頃なんでしょうか?
食事の最中と勘違いする方がいらっしゃるんですが,食間とは,食後2時間くらいたった後の次の食事との間に飲んで下さい。
他にも時間をしめすようなものっていうのはありますか?
そうですね,就寝前っていうのもありますね。こちらは,寝る直前か30分か1時間くらい前に飲んでください。あと,抗生物質などでよく何時間毎という薬は,食事に関係なく決められた時間毎に飲んでください。それから熱の高い時とか痛みのひどい時,咳のひどい時などその症状が出たときだけ飲む頓服薬がありますが,そういったのは効き目がないからといって続けて飲まないで,数時間時間をあけて飲むようにして下さい。
それからですね,仕事なんかしてますとね,ついつい薬を飲み忘れたてしまったり,あと先程のように食事抜いてしまうと薬忘れてしまいますよね。そういう時はどうしたらよろしいんでしょう?
そうですね,忘れた時は気が付いた時に飲んで頂いて結構なんですが,次の服用時間が近い時は次回に1回飲んでください。忘れたからといって2回分一緒に飲んでしまうとか,そのような事はしないで下さい。薬によっては対処の仕方が異なりますので,注意して頂きたいと思います。
はい。それからですね,例えば違う2つの病気を持っている場合に,別のお医者さんから薬を出されているといった場合の飲み合わせですか,こういったものはどうでしょう?
そうですね,2つ以上の薬を飲むと薬の相互作用で薬の作用が強くなったりとか,弱くなったりあと副作用が起こったりする事がありますね。一人のお医者さんから複数の薬を頂いた時などはそういった作用の事を,お医者さんが考えて下さって処方されているので,心配はないと思うのですが,複数の何科・何科ていうのかかったりとか,複数の医療機関にかかる時,あとはそういったお医者さんからもらった薬を飲んでいながら,大衆薬を飲みたいと思って購入する時などは,お医者さんとか,歯医者さんの先生とか,薬剤師に十分その薬の名前を伝えるとか,薬を見せて相談して頂きたいと思います。
よく,薬を始めて頂く時には,どこか薬を服用しているものがあるかとかいうアンケートとか答えたり,アレルギーがあるかというようなアンケートもあると思いますから,そのへんもやはり申告をきちんとしておくというのも大切ですか?
そうですね。言って頂かないとお医者さんの方も薬剤師の方も分かりませんので,隠すって言う事ではないでしょうけれどもなるべくなら多くの情報を知りたいと思います。
はい。それから薬をもらったあと,たとえば飲み残してしまったと,もう治ってしまったので,そういった場合の薬の保管というのはどうしたらいいでしょうか?
そうですね。湿気の多いところや直射日光が当たる所,高温になる所を避けて保管して下さい。それから保存の方法が指示されている物もあると思うんです。そういう時には指示をきちんと守って下さい。例えば冷所は特別に規定されているものの他は,15℃以下の所,それから常温は15℃から25℃位の所,室温は1℃から30℃位の所となっていますね。それとあと保管なんですが,子供さんの手の届かない所とか,目に付きにくい所に保管して頂きたいと思います。
その他,お薬の事でなにか注意する事とかありましたら教えて下さい。
そうですね,最近,薬を包装シートと一緒に飲まないように注意しましょう。ついうっかり薬を包装シートと飲んでしまう例が増えています。という日本薬剤師会・日本病院薬剤師会・日本製薬団体連合のポスターを見かけた事はないでしょうか?
ええ,私もつい先日,薬局のほうでこのポスターを見ました。
そうですか。先日,このポスターを見た女性にこれどう言う事なんですかって聞かれたんですよね。それでその言葉の通りシートのまま薬を飲んでしまう人がいるようですって答えたんですが,その方「うそ〜 本当ですかって」言って帰って行かれたんですが,実際私自身どういう人がどの様にして飲んでしまうのか,実際の例知りませんでした。でも最近この事に関して二人の方の投書を新聞で見ました。

一人の方は,高熱にうなされながら薬を飲もうとした時なんですが,口の中に異物感を覚えたそうなんです。それで吐き出したところ,シートのままの薬が1つあったんだそうです。この方は吐き出したんで何でもなかったんですが,もう一人の方は,テレビを見ながら1つずつシートから薬を出していたんだそうです。それで飲んだところ,のどに痛みを覚え,それでとうとうなんか痛みが取れなくて,お医者さんに行って,結局手術をして取り出すようになったらしいんですね。

ですから,あとそれとですね,水虫の薬を間違って目にさしてしまったとか,だからついうっかり間違える事はどなたにもきっとあると思うんです。ですから薬を飲んだり使用する時は,服用量・服用法・服用時間・使い方を確認して,それから使うようにして欲しいですね。

なるほど。私なんかもよく皮膚科に行くんですよね,皮膚が弱いもんですから。顔の湿疹の薬とか,いろんなところの薬,でもふつうの大衆薬ですと,何の薬って書いてあるからわかるんですけど,ふつうの処方箋で頂いたものって書いてないじゃないですか。ですからわかんなくなっちゃうんですよねあとで。ですからこれは自分で印をつけるとかしておくのもいい得策かなと思いましたが。
そうですね。もしわからなくなった時とか,薬で聞きたいとか心配な事がありましたらば,薬剤師のほうに気軽にお尋ねになって下さい。
はい分かりました。今日は青木先生に薬の飲み方・使い方と言う事をうかがいました。先生ありがとうございます。

今日の心と体のクリニックは,いわき市薬剤師会理事の青木裕代先生にお話をうかがいました。